食器各種お手入れ方法

ガラス製品

急激な温度差は破損の原因となりますのでご注意ください。熱いお飲み物のご使用は可能ですがそのあと急激に冷やすと温度差で破損する恐れがあります。
ご使用後は柔らかいスポンジと中性洗剤で手洗いしてください。
研磨剤入りのスポンジやタワシ・スチールタワシ・クレンザー等の使用は破損の原因となりますのでおやめください。

耐熱ガラス製品

直火にかけられません。
急激な温度差で割れることがございます。ガラスが熱いうちにぬれた布でふれたり、ぬれた台の上に置くことはおやめください。
ご使用後は柔らかいスポンジと中性洗剤で手洗いしてください。
研磨剤入りのスポンジやタワシ・スチールタワシ・クレンザー等の使用は破損の原因となりますのでおやめください。

陶器

長くお使い頂くために、ご使用後は柔らかいスポンジと中性洗剤で手洗いして頂くことをおすすめします。

磁器

長くお使い頂くために、ご使用後は柔らかいスポンジと中性洗剤で手洗いして頂くことをおすすめします。

スレート製品

天然由来の素材を利用しております。食材由来の成分が残る場合がありますので、素材の風合いを保つため、ご使用前に洗浄し、食用油を塗布し乾燥させてからお使いください。特に、酸性の強い果物類は跡が残りやすい素材ですが、素材の持つ性質としてご理解ください。
食用油の塗布は、こまめに行うことをお薦めいたします。洗浄しても跡が残るような時は、再度食用油を塗布することで目立たなくなります。
ご使用後は、早めに柔らかいスポンジ等で中性洗剤にて手洗いし、よく乾燥させてから収納してください。

銀彩 絵付け商品

銀は、空気に触れることにより酸化し変色が起こります。その際は、お湯を漬した桶等の中に市販のアルミ箔と重曹を入れ、器を漬け込むことで、酸化による黒ずみ汚れを化学反応によって取り除くことが出来ます。その後、柔らかい布で銀の表面を磨くことをお薦めします。銀は薄い皮膜の為、摩耗等で下地が現れる場合がありますのでご注意ください。
ご使用後は、柔らかいスポンジと中性洗剤にて手洗いしてください。
研磨剤入りのスポンジやタワシ・スチールタワシ・クレンザー等の使用は、おやめください。
漂白剤は使用しないでください。
酢、ドレッシング、レモン汁等や酸性洗剤は、酸化作用が強いため、銀が変色する場合がありますのでご注意ください。

錫製品

ご使用後は中性洗剤で手洗いし、よくすすいでから水気を十分に拭きとってください。
クレンザーや硬いタワシなどでこすらないでください。
曇りや汚れが気になる場合は、市販の金属磨き、練歯磨き、重曹などで磨いていただくと元の光沢が戻ります。

合成漆器

使用後は湯または水で洗って柔らかい布で拭き取るようにしてください。
変形または変色する恐れがありますので直射日光は避けて保存してください。
研磨剤入りのスポンジやタワシ・スチールタワシ・クレンザー等のご使用はおやめください。

※商品にお手入れ方法が記載された紙が同梱されている場合そちらを優先とさせて頂きます。
※食器洗浄機のご使用について、各商品ページに【食器洗浄機〇】の記載があるものに関しては、食器洗浄機をお使い頂けます。記載のないものは、手洗いをお願いいたします。

──  ギフト以外の発送資材・梱包資材はリユースしています。ご協力ありがとうございます。 ──